伝票印刷専門伝票工房

Googleサイト内検索
お見積りのご依頼はコチラ

納品書

納品書はお客様が注文した商品に間違いがないか確認していただくための大切な伝票です。今お使いの納品書と同じものをお作りする”そっくり印刷”から名入れの手書き伝票、またオリジナル印刷やビジネスフォーム(連続伝票)まで、納品書印刷のことならお任せください。

納品書印刷の参考価格

印刷色が黒1色でオプション加工のない100冊以上の納品書印刷の価格例です。 正確なお見積りをご希望の場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

1冊から50冊の伝票印刷は簡易お見積りで概算価格をご確認いただけます。(※印刷色黒1色の場合)

<参考仕様>
【印刷色】黒色
【用紙】白色 N40ノーカーボン(一般的な複写用紙)
【製本】のり製本 【下敷】なし
【印刷データ】お客様より支給(弊社作成の場合は別途)
【送料】一部地域を除き送料を含みます(※1)

3枚組の請求書

(税別)1冊=50組(3枚で1組)

規格 100冊 200冊 500冊
B6 39,600 49,500 102,000
A5 43,000 54,000 113,000
B5 52,500 82,000 168,000
A4 57,000 91,000 189,000

4枚組の納品書

(税別)1冊=50組(4枚で1組)

規格 100冊 200冊 500冊
B6 54,000 66,000 140,000
A5 56,000 74,000 149,000
B5 75,000 110,000 235,000
A4 78,000 120,000 250,000
  • 黒色以外での印刷等、上記仕様外の請求書は別途お見積りさせていただきます。
  • 切取り用ミシン、パンチ穴、ナンバリング、減感印刷等のオプションは別途費用となります。
  • 複数種類の伝票をご検討の際は、お安くできる場合もございますのでご相談ください。
  • ※1.北海道、沖縄県及び離島の場合は、別途費用が必要になる場合がございます。

オーダーメイド納品書

弊社ではご注文の90%以上がオーダーメイド納品書印刷です。オーダーメイド納品書印刷とは、お客様のお待ちのデータ(IllustratorデータやOfficeデータ)や手書きの原稿をもとに1から納品書をお作りしたり、今お使いの伝票と“そっくり・そのまま”に同じ納品書を作成することです。既製品ではないためご注文の前に事前のお見積もりが必要になります。また弊社のご用意しているサンプルフォーマットに社名を印刷したり各種オプションを追加するセミオーダー伝票印刷にも対応しています。多くの伝票印刷の実績がある伝票工房では、さまざまな伝票印刷に対応しています。お気軽にお問合わせください。

  • お持ちのデータから作成
    IllustratorやPhotoshop、ExcelやWordといった各種データ、また、手書きの原稿をお持ちの方は弊社にデータをご入稿ください。
    データ入稿について
  • お使いの原本から“そっくり”に作成
    使い慣れた現在ご使用中の伝票を1部弊社までご郵送ください。原本到着後、担当者よりご連絡させていただきます。
    送付先住所
    〒532-0065
    大阪市淀川区新北野3-9-12
  • サンプルフォーマットから作成
    弊社がご用意しているサンプルフォーマットよりお選びください。各種オプションにも対応しています。
    サンプルフォーマット

オーダーメイド伝票印刷でできること

サイズ・レイアウト調整が可能

オーダーメイド伝票印刷なので、規格サイズ以外の伝票をご希望の方は、ミリ単位で大きさを指定できます。項目や記載内容もご自由に変更できますので、お好きなレイアウトで印刷が可能。フォントが変わるだけでも見やすさや印象も変わります。また、企業ロゴを入れるとオリジナリティが出るので企業イメージを反映できます。 ロゴがある企業様は是非。

  • サイズを自由に決められる
    納品書の一般的なサイズはA5・B6サイズですが、自由に調整できます。
  • レイアウト・修正が自由自在
    既製品にはない会社ロゴやお好きな項目を追加できます。

オプションにも対応

オーダーメイド伝票印刷なので各種オプションにも対応しています。下記以外のオプションにも対応しています。

  • 印鑑印刷
    予め印鑑を印刷することで押印の手間を省くことができます。
  • 穴あけ加工
    予め穴あけ加工をすることで伝票整理をスムーズに行えます。

その他のオプションについて

サンプルフォーマットから納品書を印刷

レイアウトに困っている方や少しでも価格を抑えて伝票を作成したい方は、弊社サンプルフォーマットからお選びいただけます。お問い合せの際にサンプル番号をお伝えください。社名印刷各種オプション項目の追加や削除にも対応しております。

  • サンプル 01納品書サンプル01
  • サンプル 02納品書サンプル02
  • サンプル 03納品書サンプル03
  • サンプル 04納品書サンプル04
  • サンプル 05納品書サンプル05
  • サンプル 06納品書サンプル06

納品書(納品伝票)の作り方

納品書といっても、業種によって使用方法は様々です。下記に納品書の代表的な表示内容を掲載しておりますので、納品書作成の際にご参考にしてください。

タイトル…「納品書(控)」「納品書」等
ナンバリング…手書きでナンバーを振ったり、 オプションでナンバリングを印刷しる場合は、ナンバリングスペースを作ります。伝票管理には不可欠です。
年月日…西暦か、和暦のどちらかお選びください。
④納品元の社名を印刷します。既製品では社名を判子で押す手間が負担となっていますが、あらかじめ印刷しておけるのでとても便利です。
納品先名欄…長い社名のお客様もいらっしゃるので余裕をもって広めにスペースを確保ください。
品名…商品名を書く項目です。頻繁に使う商品名をあらかじめ印刷しておくと、記入の手間も省けます。
金額…3桁ずつ実践と点線を使い分けたり、線の太さを変えると、記入ミスや読み間違いを防ぎます。
合計金額…他の枠より大きめにして、合計金額がわかるようにしておくと親切です。
社印…印鑑(社印)を予め刷っておくことで押印の手間を省くことができます。

※フォントが変わるだけで見やすさや印象がかわります。印企業ロゴを入れるとオリジナリティがあがり、企業イメージも反映できます。 ロゴがある企業様は是非。

各種オプションについて
製本・用紙・インクについて

納品書(納品伝票)の種類

納品書の内容や仕様など、まだお決まりになられていない方は、下記の代表的な納品書の仕様内容をご参考にしてください。

代表的な納品書

【複写】請求書と合わせた3枚複写

3枚複写・請求書
請求書のページもあり、納品書と同時に請求書を発行できます。複写することで、納品書の内容と請求書の内容が全く同じになるので、2つが違う内容になることがありません。


【複写】受領書がある4枚複写

4枚複写・受領書
請求書と物品受領書のページがあり納品時にお客様に受け取りのサイン(受領印)を頂く場合に使用します。①控え②請求書③納品書④受領書 の順番が一般的です。


【複写なし】A4プリンター

複写なし
A4の紙がミシン目で3分割や2分割になっており、それぞれ「納品書」「請求書」などタイトルが違っているものです。印刷後、ミシン目でちぎって使い分けることができます。


連続伝票

連続伝票
1ヶ月分の取引をお客様の締日にあわせて送るとき等に仕様されます。商品の詳細を記入した請求書などの表紙として、表紙に使う場合はしっかりした厚紙にもできます。請求時に毎回、請求書(請求明細書)が2枚以上になる場合、取引先様も一目で見てわかりやすくなります。


全てのページが白い紙にモノクロ(黒)印刷されているものが一番安価ですが、紙の色やインク色をページごとに分ける方が見やすくなります。



まずはお気軽におといあわせください!