伝票印刷専門伝票工房

Googleサイト内検索
お見積りのご依頼はコチラ

増感印刷

増感印刷

通常複写されない上用紙(複写用紙のノーカーボン紙で一番上に用いる用紙)や上質紙で一部分だけを複写できるようにしたい場合に、その部分に増感用のインク(スポットインキ又はホワイトカーボンインキと言います)を塗布して複写を可能にすることができます。その加工工程を増感印刷といいます。

ただし増感印刷の複写部分はインク量に関係なく、通常のノーカーボン紙ほどきれいな発色濃度は得られないので、伝票の保存期間や用途によっては不向きな場合もあり、類似の減感印刷と比べて増感は特殊な場合にのみ用いられています。増感で対応できるか判らない時は弊社からもご提案できますのでお困りの際はお気軽にご相談ください。

(参考:ノーカーボン紙の構造・発色の原理

増感インクを塗布してみた

ノーカーボン紙の上用紙の下に上質紙を置いて増感インクを塗布して複写される様子です。
※実際の印刷ではインク塗布後UVで定着させるためムラなく透明になりますし、以下のテストよりも鮮明に複写されます。

増感前-記入増感前-記入

増感前-普通に複写増感前-普通に複写

増感インク増感インク

増感インクを複写伝票に塗布増感インクを複写伝票に塗布

増感後-記入増感後-記入

増感後-増感箇所に複写される増感後-増感箇所に複写される