伝票印刷専門伝票工房

Googleサイト内検索
お見積りのご依頼はコチラ

減感印刷

減感印刷

複写伝票で多く用いられているノーカーボン紙は基本的に表面全体が複写できるように加工されています。そのため、例えば記入欄に金額欄や個人情報欄がありその部分だけ複写しないようにする場合は、その部分に「減感インク」という特殊なインクを塗布して複写を抑制します。その加工工程を減感印刷といいます。

減感印刷は、インク量が足らないとうっすらと複写されてしまったり、濃すぎると必要部分以外も複写されなかってりする場合もありますので、熟練の技術が必要になります。

減感印刷例

用紙に複写する部分と複写しない部分が混在する場合、一般的に減感で対応することが多いですが、複写する箇所が用紙面に対して少ない場合などは、特殊なケースとして減感とは逆の増感印刷で対応することもあります。どちらの場合でも複写内容やコストを基に弊社より提案できますのでお気軽にご相談ください。

(関連:ご利用ガイド/減感加工
(参考:ノーカーボン紙の構造・発色の原理

減感インクを塗布してみた

※実際の印刷ではインク塗布後UVで定着させるためムラなく透明になります。

減感前-記入減感前-記入

減感前-普通に複写減感前-普通に複写

減感インク減感インク

減感インクを複写伝票に塗布減感インクを複写伝票に塗布

減感後-記入減感後-記入

減感後-減感箇所は複写されず減感後-減感箇所は複写されず


実際の減感印刷の様子